本文へスキップ

海部川本舗lite

Life In The Slow Lane.

毎度お立ち寄りいただきありがとうございます。
徳島県は海部川での鮎釣りがメーンのサイトです。
名前は「本舗」ですが、とくに商ってはおりません。(笑)
鮎や磯などの釣行記は"BLOG"にて。             

ギャラリー


拾って帰ろう 空き缶ひとつ
 

 ここ最近、海部川流域でも下水道や浄化槽の整備がずいぶん進みました。

 過疎化も手伝って、生活雑排水やごみの投棄による環境汚染の脅威はほとんどありません。

 "知られざる清流"とか"平成の名水"というフレーズはとても心地よく耳に響きます。

 それでも冷静に眺めてみるとどうでしょうか。

 夏こそ、川遊びのテントや日傘がカラフルに河原をいろどっていますが、

 日々の暮らしと川との距離は以前に比べてずいぶん遠くなったように思います。

 何気ない日常に寄り添うように流れてこその"清流"であり"名水"。

 1996年に旧海南町で「海部川清流保全条例」が、

 20012年には「海陽町ふるさとの水を守る条例」が施行されました。

 川上から川下まで、みんなが大いに関心を持って古里の川を守ろうというのが

 これらのふたつの条例に共通するスピリットなのでしょう。

 タバコの吸い殻や空のPETボトル、弁当の空殻の散乱する川で

 竿を出すなんていうのは、興ざめ以外のなにものでもないですね。

 釣り場で出したゴミは自らの責任で必ず持ち帰る。

 できることならば、余分にひとつ拾って帰る。

 こんな積み重ねに、豊穣の自然の恵みが約束されているのかも…。


ナビゲーション

              
 清流保全条例          ふるさとの水を守る条例

 
inserted by FC2 system